極上の秋をめしあがれ!

秋田のひやおろし

「ひやおろし」とは・・・
昔は冬から春につくられ火入れして貯蔵した清酒は、秋になりその温度と外気温が同じくらいになると、貯蔵容器の大桶から樽に詰めて出荷した。これをひやおろし(冷卸し)という。この時期になると、新酒のあらさがすっかり消えまるみがでてほどよく熟成し、酒の最も飲みごろとされていた。
(出所:日本酒造組合中央会)

「ひやおろし(冷卸し)」とは、春に搾った酒を秋まで貯蔵してから出荷する酒のことです。ひやおろしは「秋あがり」などと呼ばれることもあります。この表現は統一されていませんまた、火入れ(加熱処理)の方法にも特徴があります。一般的な日本酒は、火入れを2回してから出荷されます。しかし、「ひやおろし」は搾られた後、貯蔵中に酒の品質が悪くならないよう、火入れを1回だけ行ない、出荷する前の火入れはしません。
(出所:SAKETIMES)

「ひやおろしは秋の味覚にぴったり!」
春に搾ったばかりの荒々しい酒も、秋まで熟成されることで丸みが出て、グッと味わい深くなります。
「ひやおろし」は、旨味のある秋の食材と相性抜群。さんまやきのこなどといっしょに飲むことで、ひやおろしをさらに美味しく楽しむことができます。
(出所:SAKETIMES)

トップページに戻る

秋田日本酒市場のおすすめ銘柄RECCOMEND BRANDS