天寿酒造株式会社 [天壽]

天寿酒造株式会社 [天壽]

天寿酒造の歴史

140年の長きにわたり人々に愛され続ける天寿酒造は、二代目大井永吉氏が東北の麗峰鳥海山の麓でその伏流水が使える由利本荘市矢島町で創業。「酒造りは米作りから」と昭和58年には「天寿酒米研究会」を発足させ、酒造好適米美山錦・秋田酒こまちの栽培に取り組み続け、この土地でできる最高の日本酒を目指して挑戦し続けています。近年は海外のコンテストでも数々の賞に輝き、その品質の高さが証明されています。

酒蔵の特徴

酒蔵の随所に、酒造りに対する天寿酒造のこだわりと工夫が感じられます。精米後酒米を貯蔵する計量器付のタンクや米研ぎ後の水切り作業に用いる脱水機など、天寿酒造で独自に開発・改造された機械が見受けられ、良質な酒を造る製法を常に模索し続けている姿勢が伺えます。常に品質の向上に挑戦し続ける姿勢は、経験豊かな蔵人たちが酒造りひとつひとつの工程において、意識を最大限に傾けることが出来る環境の整備が随所になされています。

天寿の酒造り

天寿酒造の大きな特徴として、マリーゴールドやベゴニア、なでしこ、アベリアなどから採取した花酵母を使用していることが挙げられます。芳醇な香りがするなでしこの酵母「ND-4」や、爽やかで上品な香りがするアベリアの酵母「AB-2」など花酵母それぞれの特徴が表現されており、まさに「美酒 天寿」を象徴しています。「地元矢島に根ざした酒造り」、「酒造りは米作りから」という考えのもと、麗峰鳥海山から湧きブナの豊かな森により浄化された清らかな水、蔵人自らで栽培している良質な酒米、原料処理への徹底したこだわりにより、多くの人々から愛される酒を造り続けています。

杜氏紹介 [一関 陽介 - Yousuke Ichinoseki ]

天寿酒造に勤めて十年目で昨年秋田県最年少の杜氏となった一関陽介氏は、「やわらかでやすらぐ酒」造りを心がけています。杜氏をはじめ天寿酒造の蔵人の酒造りに対するこだわりをお伺いしました。

『伝統的な酒造りで良いとされた製法は、本当に良いのかを検証し、良ければ今の技術で更に徹底し、不要な事は廃止します。常に蔵人皆で確認し合い、最良の製造法とは何かということを意識しています。全工程において、気が付いたことがあればその都度改善していくことが天寿の酒造りの基本姿勢です。必要な時に必要な作業・行動をとることを心がけ、常に酒と向き合う姿勢を持ち続けることで良い酒は生まれると考えています。』

杜氏プロフィール ※一関陽介杜氏プロフィール 昭和57年生まれ。東京農業大学短期大学部醸造科卒業後、天寿酒造勤務。前杜氏の元で酒造りを学び、平成24年より現職。現在秋田県の最年少杜氏

天寿酒造株式会社 [天壽] の日本酒TENJU

秋田日本酒市場のおすすめ銘柄RECCOMEND BRANDS