浅舞酒造株式会社 [天の戸]

浅舞酒造株式会社 [天の戸]

浅舞酒造の歴史

大正6年、初代柿崎宗光氏が創業した「浅舞酒造」。「水も米も人もすべて地元秋田のものを使うからこそ" 秋田の地酒" といえる」という信念のもとに、地元浅舞地区で収穫された酒米と敷地内の湧水を使ったこだわり酒造りを代々行っています。その日本酒は「天の戸(あまのと)」の名称で親しまれ、全国新酒鑑評会で秋田県初となる5年連続金賞を受賞するなど、名実ともに秋田を代表する蔵元となっています。

酒蔵の特徴

豪雪地帯で知られる秋田県横手市浅舞地区に佇む浅舞酒造。冬期には雪で酒蔵全体が深く覆われ、蔵内には天井や柱を伝わって「秋田の冬の音」が響き渡るそうです。仕込み水に使用される敷地内の湧き水は、やわらかい軟水ということが特徴で、江戸時代の民俗学者、菅江真澄に「雪の出羽路」の一節で名水として称えられるほど。この蔵と湧き水によって浅舞酒造唯一の味わいを醸し出します。

浅舞酒造の酒造り

浅舞酒造の最大の特徴は、酒造りのすべてを地元浅舞地区で行うというもの。酒米を栽培するのは、地元の農家グループ『JA秋田ふるさと平鹿町 酒米研究会』。代々信頼を寄せる農家によって作られる蔵から半径5キロ以内でとれた酒米のみを使用し、真にこの地区に根付いた製法を守り続けています。

浅舞酒造株式会社 [天の戸] の日本酒AMANOTO

秋田日本酒市場のおすすめ銘柄RECCOMEND BRANDS